PROFILE  

楠永 陽子 (SOPRANO)

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同専攻科修了。
第10回和歌山音楽コンクール大学生の部第1位。第14回和歌山音楽コンクール一般の部第3位(1位なし)。大阪国際音楽コンクール入賞。

在学中、堺市新人演奏会、学生選抜オペラ、堺シティオペラX’masコンサート等に出演。
卒業後、堺シティオペラフレッシュコンサート、スプリングコンサート、泉の森フレッシュコンサート、いずみホールでのモーツァルト管弦楽団記念コンサート、帝国ホテル大阪・チャペルコンサート、ヒルトンホテル・トワイライトコンサート、ラブリーホール・ロビーコンサート、ラブリーホール合唱団演奏会・メンデルスゾーン「エリヤ」、シルフィーハーモニー・コンサート等、幅広いジャンルの曲をレパートリーとし、数多くのコンサートに出演。

オペラでは、2005年河内長野マイタウンオペラ及び2008年大阪音楽大学カレッジオペラハウス・サマーオペラ「ドン・ジョヴァンニ」ヅェルリーナ、を初め「フィガロの結婚」スザンナ、バルバリーナ、「コジ・ファン・トゥッテ」デスピーナ、「魔笛」パパゲーナ、「ラ・ボエーム」ムゼッタ、「愛の妙薬」アディーナ、「カルメン」ミカエラ、フラスキータ、「ヘンゼルとグレーテル」グレーテル、「アマールと夜の訪問者」アマール、「リータ」リータ、「スザンナの秘密」スザンナ、「秘密の結婚」エリゼッタ 、「電話」ルーシー、「ドン・カルロ」テバルト、「ジャンニ・スキッキ」ラ・チェスカ、「あまんじゃくとうりこひめ」うりこひめ、「修道女アンジェリカ」看護修道女役等に出演。
オペレッタでは、「こうもり」アデーレ、「メリーウィドウ」ヴァランシェンヌで出演。
また、2006年10月、新国立劇場デビューを「フィガロの結婚」スザンナ役で果たし、2012年11月には、日生劇場開場50周年記念オペラ「フィガロの結婚」にも同役で出演し、いずれも好評を博す。

さらに、女声アンサンブルグループ「ピュアエンジェル」及び「フリューゲル」のメンバーとしても広く活動している。
現在、オペラハウス合唱団準団員。安則雄馬・和子の両氏に師事。

☆もっと陽子のことを知りたい方は・・・裏PROFILEを・・・☆