CONCORDを作りました。

           所属しているクラブの先輩が「こんな飛行機が有ったんですよ。」と云って見せて頂いた洋書の航空機誌に載っていたのが
           この「コンコルド」の写真でした。
           一目見て即決で作ろうと思い、その本を貸して頂くことにしました。ただ コンコルドの事は随分多くの資料写真やデータ記
           事が掲載されていたのですが、この塗装の写真は残念ながらたった1枚しか載っていませんでした。
           それでNETで検索をしましたがコンコルド機の写真は随分見つけることが出来ましたが「火の鳥」を思わせるこの機体の
           写真はわずか数枚程度しか見つけることが出来ませんでしたが、塗装に関してはそれだけを頼りに格闘をしました。


           コンコルドのイメージとしては何となく巨大な飛行機と思っていましたが、図面を見てなんと細い胴体かと判りびっくり致しました。
           胴体の長さはB787と同じくらいですが、太さはB737やB757より細い事が意外な事でした。
           「怪鳥」との異名もあり量産1号機として初飛行してから20周年を記念してこの塗装が施されて暫くの間飛んでいたようです。
           この記念塗装をデザインしたのはフランスの美大学生だそうで、フランス国旗の赤・白・青の3色とストラビンスキー作曲のバ
           レー曲「火の鳥」の怪鳥のイメージからアレンジしたものではないかと思っています。

                                                                       製作開始 2016/5
                                                                       完   成 2016/6

                                       戻る