十和田神社

唐松山天日宮(あめのひのみや)は秋田県の謎深い神社であり、
造りも珍しい。
物部氏ゆかりの宮であり、歴史から消された大王
ニギハヤヒ命を祀るとされている。
霊能者の話から推測し、私は彼こそが、
日本最後のほんものの天皇
(当時はそんな言葉はなかったであろうが) と思っている。
秋田と山形の県境にそびえる鳥海山は、
かつてニギハヤヒ命が天降ったとする伝説があり、
天の橋立の籠神社から罪人のように
籐丸籠の船に乗ってヤヒコへ向かったニギハヤヒ命は、
はたして、新潟の弥彦へ行ったのだろうか。
ニギハヤヒ命とは天火明命であり、
奈良・三輪神社の大物主と同一人物であろう。
そして鳥海山の大物忌もそれを指し示している気がする。
鳥海山は鳥見(トリミ)山から転化したに違いなく、
中央の神武派をあざむく名称かとも思う。

戻る