トップ

サイアムコンサル


サイアムコンサル
 Siam Consulting

■□コンサルティング□■

□コンサルティング・コーディネート□

1:タイ国に関連するあらゆる事案のコンサルティング 

1: 結婚・離婚に関連する手続き

2:日本行きビザ・在留許可取得の支援業務

上記の業務に関する料金・内容はメールでお問い合わせ下さい。

※尚、電話による相談は行いませんのでご了承下さい。

婚姻届出(入籍) 在留資格認定証明書


□婚姻届出(入籍)□

婚姻届出に関しては在タイ日本国大使館のサイトに詳しく説明されていますので参照して下さい。
日本・タイの両国に届出する必要があります。
はじめに日本届出するケースとはじめにタイで届出する方法があります。
どちらが良いかというと日本で届出してからタイで届出する方をお勧めします。
ちなみにわたしもこの方法を実践しました。

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/marriage.htm 


◇はじめに日本届出するケース◇

日本の市区町村役場にて婚姻

必要書類
タイ人
1:独身証明書 1部

2:住居登録証 1部   
 同英訳文 1部  
 同和訳文 1部 (和訳書式)

3:申述書 1部 同和訳文 1部

4:その他の書類(パスポートのコピー・出生証明書・IDカード)

日本人
戸籍謄本 1部

二人の必要書類
婚姻届 2部


婚姻届が受理されても書類不備の場合は戻されます。無事受理され戸籍謄本に婚姻事実が記載されれば完了です。

タイでの婚姻届

タイ側へ婚姻届をするには、
1:日本で婚姻手続きが終わった旨を証明する在タイ日本大使館認証済みの英文の婚姻証明、及び同証明のタイ語訳文が必要です。

大使館発行の婚姻証明をタイ語に翻訳し、タイ国外務省領事局国籍認証課にて認証を受けて下さい。
配偶者の本国郡役場に婚姻届をする。

以上の詳細は下記参照

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/amarri.htm

以上で日本・タイ両国での婚姻手続きは無事終了です。


 □在留資格認定証明書□

結婚式を無事行い、婚姻手続きを済まして日本で生活する場合には、外国人は在留資格認定証明書が必要です。
この在留資格認定証明書に基づくビザの申請を行います。提出先は居住予定地を管轄する入国管理官署になります。

「日本人の配偶者等」の場合で、会社勤務のケースの必要書類

1:在留資格認定証明書交付申請書
2:写真(縦4cm.横3cm)

3:430円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒

4:役所から発行してもらうもの
a;
日本人の方の戸籍謄本1通 
b;
日本人の方の世帯全員の記載のある住民票の写し1通
c;日本人の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書 各1通

5:会社から発行してもらうもの
在職証明書 1通

6:身元保証書
7:結婚証明書(タイ)
8:質問書
9:スナップ写真(二人で写ってるもの)


詳細は下記サイトを参照

http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-1.html


当センターの概要

トップ