タイ国際結婚センター

Thai international marriage center (T I M C)

□お知らせ□

NTTのタウンページや毎日・報知新聞に広告を掲載していました。安心してご利用できます。
 
信頼できる業者の見分け方

  • 国際結婚の相談、紹介業務、サポート

  • 入籍(日本・タイ)、日本滞在ビザのサポート

  • タイでのウエディングの企画、コーディネート

    • 日本人とタイ人の国際結婚
    • タイに旅行、駐在して、タイ人と結婚するケースが多いようです。国際結婚には様々な問題があります。最大の壁は言葉の壁でしょうか。英語がお互いにできればまだ良いが、日本人もタイ人も英語が苦手です。だからある程度のタイ語はコミュニケーションには必要です。第2は家族の反対。欧米人ならまだしもタイ人はあまり良いイメージがありません。アジア人という点で反対されます。しかし、私が思うには、要は個人の人格の問題ではないでしょうか。今は国際化の時代なのです。日本の夫婦15組に1組は伴侶が外国人との事です(2004年のデータ)。
    • タイに移住を考えている人やタイで事業をしようと思ってる人には、国際結婚することで、色々と配偶者が協力してくれるメリットがあります。また、言葉の問題、商習慣の違いを補ってくれるパートナーになります。 しかし、事業をするためにタイ女性と結婚するのは本末転倒。打算で結婚しても幸せにはなりません。

幸福な国際結婚への道!

タイ女性との結婚を考えている方に朗報!
当センターでは真剣に結婚を考えている方をサポートします。

当センターでは結婚・入籍に関する相談・コンサルティングを行っています。
相談料:無料 メールでお願いします。 (電話相談可、国際電話料金がかかります。)
(日本から)+66 44 957-143(日本語専用) (タイ国内)044-957-143(日本語専用)
日本時間:午後12時から19時まで

◇相談から結婚までの一連のながれ◇

1:相談・コンサルティング 完全予約制

2:契約 お見合い費用:3万円 

3:タイでお見合いツアー参加(バンコク空港出迎え)

4:お見合い

終了後、現地解散。

5:両者が合意の場合:婚約

6:再渡航:結納・結婚式・披露宴

7:入籍


  • コラートには、日本人男性との結婚を希望するタイ人女性が多数居ます。
    職業は、教師、医師、看護婦、公務員、事務員、デパート店員などのふつうの女性です。
    定職のある方に限ります。関心のある方はメールにてお問い合わせ下さい。

  • コラートに関してはここを参照

  • 入会要綱はここをご覧下さい。

  • FAQ、よくある質問

  • メール

 当センターの概要



信頼できる業者の見分け方


業者のなかにはお金を振り込ませてそのまま連絡が途絶える詐欺行為があります。
せっかく結婚相手を見つけようと業者に依頼したのに台無しです。
それでは信頼できる業者はどうように見分ければいいのか。

ポイントはいくつかあります。

ポイント1:連絡先が明記してある。住所・固定電話・メールアドレス。
※住所明記せず、携帯電話のみは信用できません。
ポイント2:料金を明示してる。
ポイント3:広告などを行っているか。

以上を満たしていれば詐欺にあう確立は減ります。


□婚姻届出(入籍)□

婚姻届出に関しては在タイ日本国大使館のサイトに詳しく説明されていますので参照して下さい。
日本・タイの両国に届出する必要があります。
はじめに日本届出するケースとはじめにタイで届出する方法があります。
どちらが良いかというと日本で届出してからタイで届出する方をお勧めします。
ちなみにわたしもこの方法を実践しました。

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/marriage.htm 


◇はじめに日本届出するケース◇

日本の市区町村役場にて婚姻

必要書類
タイ人
1:独身証明書 1部

2:住居登録証 1部   
 同英訳文 1部  
 同和訳文 1部 (和訳書式)

3:申述書 1部 同和訳文 1部

4:その他の書類(パスポートのコピー・出生証明書・IDカード)

日本人
戸籍謄本 1部

二人の必要書類
婚姻届 2部


婚姻届が受理されても書類不備の場合は戻されます。無事受理され戸籍謄本に婚姻事実が記載されれば完了です。

タイでの婚姻届

タイ側へ婚姻届をするには、
1:日本で婚姻手続きが終わった旨を証明する在タイ日本大使館認証済みの英文の婚姻証明、及び同証明のタイ語訳文が必要です。

大使館発行の婚姻証明をタイ語に翻訳し、タイ国外務省領事局国籍認証課にて認証を受けて下さい。
配偶者の本国郡役場に婚姻届をする。

以上の詳細は下記参照

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/amarri.htm

以上で日本・タイ両国での婚姻手続きは無事終了です。



□在留資格認定証明書□

結婚式を無事行い、婚姻手続きを済まして日本で生活する場合には、外国人は在留資格認定証明書が必要です。
この在留資格認定証明書に基づくビザの申請を行います。提出先は居住予定地を管轄する入国管理官署になります。

「日本人の配偶者等」の場合で、会社勤務のケースの必要書類

1:在留資格認定証明書交付申請書
2:写真(縦4cm.横3cm)

3:430円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒

4:役所から発行してもらうもの
a;
日本人の方の戸籍謄本1通 
b;
日本人の方の世帯全員の記載のある住民票の写し1通
c;日本人の方の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書 各1通

5:会社から発行してもらうもの
在職証明書 1通

6:身元保証書
7:結婚証明書(タイ)
8:質問書
9:スナップ写真(二人で写ってるもの)

詳細は下記サイトを参照

http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-1.html


◇参考になるホームページ◇

Joeのタイ王国にスミタイ! タイ社会長期滞在・仕事 国際結婚

All About Japan [国際結婚]

タイと国際結婚のページ  国際結婚、タイ衛星Thaicom受信法

Mayの香港結婚式報告 日本人と香港人の結婚珍風景!!

在日外国人同士の結婚 . 婚姻・ビザ申請・帰化申請


トップ