安産祈願
2/19 に「水天宮」へ安産祈願に行きました。→日記19w参照
戌の日・大安・土曜と、都合の良さが重なったこの日は、
ものすごい人で、ごった返し。
地下鉄の駅を出るとそこはもう、人の行列でした。

POINT
時間はお昼ご飯を兼ねる人が多いので、
避けて早めか、遅めに行くのがよさそうです。
遅すぎるて、締め切ってしまわないよう、気をつけてくださいね
POINT
中に入っても、特に説明がないので、(というより人ごみで見えない)
どういう順序で何をしたらいいか、しっかり予習したほうが良いです。
私は予習していったのですが、いろんな人に聞かれました。

1---まず、行列にならびましょう。
「ここが最後尾」看板を持っている人がいます。
行列に並ばないと、中に入ることができません。
お払いを50人くらい(?)まとめてするので、行列が進むのは割と早いと思います。
私の場合、30分くらいで水天宮入り口にたどり着きました。
2---一緒に行った人で分担作業をしましょう。(3人くらいいるとBEST)
●まず、ご祈祷をしてもらう列に並びます。(妊婦)
※お参りをする(鈴を鳴らす)列の右側です。警備員さんに聞くのが早い。

ご祈祷は30分間隔でやっています。
混んでいる日は妊婦のみが並ぶことができます。(代理人でもOK)
3---並んでいる間に・・・
安産祈願に必要な初穂料3,000円を収め、名前を書いてもらいます。(妊婦の住所のわかる人)
できれば、最初に名前を書いてもらう列に並んでおいて、
(臨時の受付、右側)

初穂料3,000円を収めたものを他の人が取りに行き、氏名・住所を記入。
(臨時の受付、左側)

並んでいる人へ手渡すと時間短縮できます。
4
●名前を書いてもらった紙を、妊婦に渡し、
妊婦の方は境内に進みます。
私はちょうど目の前で列が切られてしまい、
30分まるまる待ちました(;_;)
寒いし、まちぼうけでガックリ・・・と思っていたら
境内へ最初に案内され、
ご祈祷部屋の一番最前列、真ん中で受けることができました☆
後ろのほうでギュウギュウに押し詰められることなく、
30分待ったかいがありました!
5---ご祈祷を受けている間に腹帯を買います
妊婦さんがご祈祷を受けている姿は、
鈴を鳴らすところの向こう側がガラス張りになっているので
そこから見えます。

ご祈祷を受けている間に、境内の右となりで腹帯を売っているので
購入する方はどうぞ。
6---最後に
最後に、いぬの置物の頭をなでて、おわります。

私の場合、入り口にたどりついてから1時間でおわりました。







戻る うえへ TOP