☆おてだま☆    トップ  ホーム




★投げ玉★
一人であそぶ。どうすればうまくできるかって、これはもう練習するしかないのです(笑)。


両手に一つずつお手玉を持つ。



左手のお手玉を右手のひらに投げ、
同時に右手のお手玉を左上に投げ上げ、
2つのお手玉をそれぞれの手で受ける。
これを連続で行っていく。


★おさらい★

5〜7個のお手玉を使い、そのうちのひとつを「親玉」とする。
(本来なら「親玉」は、他のと区別がつくように色や大きさを変えると良い。)

「親玉」だけ右手に持ち、その他の「小玉」は目の前に並べておく(まいておく)。

【歌詞】
♪おーひとつ おーひとつ・・・・・
おひとつおろして おさらい

おーふたつ おーふたつ・・・・
おふたつおろして おさらい

(以下省略)

歌に合わせて、「親玉」を投げている隙に素早く下から「小玉」を拾う。

おーひ

これを全部のお手玉に対して繰り返して行う。



最後の一個で・・・・・

おーひ  とーつ  おーろして 
おー  さー  ー  らい

      ※上記のイラストでは「・・・らい」で親玉以外の小玉を落としていますが、親玉も落とすやり方もあります。
      ※地方によっては、この「おーさーーらい」の動作を一番始めでもやる所もあるそうです。



一通りできたら、
続けて、「おふたつ・・・」に挑戦。
投げている隙に拾う小玉が二つになるってこと。


こうやって3つ4つと増やしていく。



★“おさらい”バリエーション★


基本的には“おさらい”と同じやり方で
小玉のつかみ方が異なっています。

おてのせ おてのせ・・・
おてのせおろして おさらい

おはさみ おはさみ・・・
おはさみおろして おさらい

トンネル トンネル・・・
おひとつトンネル おさらい



おてのせ おはさみ トンネル
「親玉」を投げている隙に素早く小玉を左手の甲に一つずつ乗せていく。 「親玉」を投げている隙に素早く小玉を左手の指の間に一つずつ挟んでいく。 「親玉」を投げている隙に左手をトンネルにして素早く小玉をくぐらせていく。


お手玉あそびも、これまた地域や人によってその遊び方は様々。
特にお手玉あそびで歌われるその歌詞はいろいろなものがあります。

「お手玉歌」というよりは「数え歌」を引用している場合も多く、
いろいろな歌が親しまれてきたようです。

みなさんの情報もお待ちしております。

お手玉歌あれこれ




トップ  ホーム