一人でする、旅。


 一人旅のキッカケ  一人旅の持ち物
 一人旅の女性    一人旅の危険 
 一人旅の始め方   一人旅のツアー
  一人旅コラム     一人旅の楽しみ方
   Travel tips  


<自由>

一人旅は空いている時間は全て自分でなにをするか決められます。

アクティブに動くのだっていいし、ホテルでボーっとするのだっていいじゃないですか。

自分を知っている人はいない。

それだけで、十分新鮮じゃないですか?




<自信>

なんでも自分で決められる反面、なんでも自分で決めなくてはなりません。

一人旅に、「人任せ」はありません。

誰かについていく場合だって、「ついていくか・いかないか」
ほら、自分で決めてるでしょ?

簡単なようで、結構難しい。

なんでも自分で決断したっていうのはすごい自信になります。

見知らぬ国で、なにかを注文した。
それがマクドナルドだとしても、ちゃんと異国の人とのコミュニケーション。
ちゃんと食べたいものが出てきたら、きっと想像以上にうれしいですよ。
さらにおいしいものにありつけたら、きっと「一人旅もサイコー!」って思うはずです。

”一人”を乗り越えた人だけに訪れる、快感。




<自分を見つめる>

大げさな言い方ですが、一人で行動すると意外な自分が見えてきます。

初めて一人旅したとき、小心者の私は、カフェにもレストランにも入りづらくて、
コンビニでで高くてまずいパンを買って、ホテルでBSのNHKなんて見ながら
ぼんやり食べました。

あー私ダメだなぁ、って。

でもそんなこと黙っておけば、周りの人には「すごいね一人旅なんて度胸あるね!」って
言ってもらえたりして(笑)

慣れた振りしても、強い振りしても、やっぱり私は小心者。

だから無理しなくてもいいと、思うようになりました。

気まずいならレストラン入らなきゃいいじゃん? スーパーでパンかって公園で食べれば
いいじゃん? 誰がそれをとがめることもないし。
嫌な思いをしに旅に出てるわけじゃないし。
わからなきゃ「ごめんワカラン!」って言えばいいじゃん。聞けばいいじゃん。

そう思えたとき、「あ、私多少度胸ついたな」って思いました。



<自己管理>

頼れるものは自分だけ。
コレが一人旅の現実です。
病気から怪我から、自分を守るのは自分です。

嫌な予感がしたら危ないものは食べない。
薦められてもやめておく。

みんなが平気だといっても、私は夜は歩きたくない。だから出歩かない。

危機管理能力。
コレが一人旅の秘訣。




<出会い>

一人旅は、二人旅よりずっと他人との出会いが多い。

困ったとき、心細いのは一人旅。

でもそのぶん人の親切がとても身にしみます。

一人で生きてるわけじゃない、って思います。

旅行して、人の親切に触れるたび、
「私は絶対日本に来た人が困っていたら助けよう!」
と思うようになりました。

一期一会の親切は、その人に返せないことが多いから、困っている人に親切をつなぎます。




<自分で見る>

ベトナム=戦争?
カンボジア=地雷?
フランス=英語通じない?
韓国=反日感情?

たとえそれが事実の一部だとしても、実際見ていないのに言っちゃいけない。

アジアの国に対して「日本より劣っている」って思ってます?
だとしたらそれはとても悲しいことだと思います。

じゃあどうなのかって?

それは自分の目で見てきてください。