Nobuhiko Tanaka Web Site

色のうつわシリーズ/墨彩シリーズ(半磁器)




*胎土は瀬戸の半磁土を使用しています。ただ、ほとんど磁器に近い土ですので、浸みこみはありません。
 茶しぶなどの汚れが目立ってきましたら、台所用の漂白剤に つければ白く戻ります。
茶渋などによる汚れが目立ってきたら

*白色のマット釉(艶消し釉)を使っていますので、金属のカトラリーなどで強くこすった場合、黒く線がつく場合がありますので
 ご注意ください。

*直火でのご使用はできません。

*食器洗い乾燥機はあまりお勧めしません。

 作品のお取り扱いについて 

石目(灰釉) ・ 錆釉 ・ 彩泥 などのシリーズ (陶器)

  

*胎土は信楽の赤土(鉄分を含んだ土)を使用しています。砂や小石を含んだ比較的粗い土ですので、 長時間にわたって
 汁物などを入れた場合、しみだすことがありますのでご注意ください


*作品の底部は、出荷時に念入りに研磨しておりますがテーブルに傷がつく可能性もありますので、出来るだけ
 ランチョンマットなどのご使用をお勧めします。

*使う前に毎回、水にくぐらせてからお使いいただくと、シミや匂いの防止になります。

直火でのご使用はできません

*食器洗い乾燥機はあまりお勧めしません。

*御使用後はよく
乾燥の上、おしまいください。

上記の他、お取り扱いについてのご質問、ご意見がありましたらお気軽にお問い合わせください

topics        陶歴        exhibition        作品集         shop         mail         link

粉引きシリーズ



*胎土は信楽の赤土(鉄分を含んだ土)を使用しています。砂や小石を含んだ比較的粗い土ですので、長時間にわたって
 汁物なを入れた場合、しみだすことがありますのでご注意ください。

*粉引きは鉄分を含んだ赤土に、白い泥をコーティングし、釉薬を掛けて焼成したものです。
 私の粉引きは比較的シミがつきにくい白化粧を使っておりますので、米のとぎ汁などで使用前に煮る必要はありませんが、使用前に毎回水に くぐらせるとよいかと思います。

*作品の底部は、出荷時に念入りに研磨しておりますがテーブルに傷がつく可能性もありますので、出来るだけ
 ランチョンマットなどのご使用をお勧めします。

*直火でのご使用はできません。

*食器洗い乾燥機はあまりお勧めしません。

*御使用後はよく乾燥の上、おしまいください。