最高の宝物

2度目の日本一!! スポーツ新聞のトップ面に。
    円内一番左に辛うじて顔が写ってる。
        こんなこともう二度と無いでしょ・・・


『草野球』の記事がトップ面を飾るなんて新聞史上初なんじゃないかな?

4度目の日本一達成!!
またもやスポーツ新聞のトップ面を飾る
でも私の顔は『御礼』のあたり・・・残念!

新聞史上2度目?の草野球トップ面!!

トロフィーやメダルもたくさん貰いましたわ。

メダルは全て『金』で10個

N産自動車で野球していた時も、大会ごとの表彰や年間表彰も・・・

暇さえあればグローブ磨いてましたネ

オイルをホンのチョット付けて、
  お姉チャン用のストッキング
    丹念にみがいてました。。。

グローブはピカピカになるし。。。
  
ストッキングの香りも楽しめて。。。
一石二鳥でしたわ。

(やはり革製品の艶出しはストッキングに限る)

チーム創成期(昭和62年)のユニフォーム

当時ピンクのユニフォームなんて着ているチームはなかった。。。色・デザイン等、全てスペシャルオーダー
だったので、○シックスも「最低200着は作ってもらわないと採算が合いません」・・・
そこで、ポップ正一さんが「分かりました!では30着お願いします」???(さすが関西人!)


ユニホームが完成したのが、大会数日前・・・マジでビビリましたね。
大会初日、
三郷のグラウンドで思い切り目立ってましたわ。。。

(グラウンドでもそうですが、家の玄関から駐車場まで歩いていても目立ちましたよ)

スパイクは当時の横浜大洋が使用していたモノと全く同じプロ仕様。

ユニフォームもプロ仕様。

肩には『好青年』って入ってました。

サンスポ大会で日本一達成し、
 肩に『日本代表』と入れました。


胸の文字もシャープになりました。


ズボンのサイドラインも無くなりました。


その後、アンダーシャツ・ストッキングを
ピンクからレッドに変更。

魂込めて遊べ!って事で、右肩に『魂』が込められました。

スパイクにもピンクのライン。

Mズノにわがまま言って作ってもらいました。

もうひとつは、S武ライオンズと同仕様のS武スパイク。

Mズノの方がS武ライオンズの広報の方にわがまま言って
作ってもらいました。

スパイクもイロイロ作ってもらいましたわ。

左上の汚れたスパイクは、草野球の聖地
  埼玉三郷グラウンドの土がついたまま。
    あえて、このままにしてあります。

ユニフォームは『ISHIKAWA』ですが・・・
  アップウェアは『NARLING』です。。。

サンスポ大会で日本一の記念にMズノで作ってもらいました。

10年前には、こんな雑誌もあったんですよ。

創刊号の表紙に載りました。

全国の草野球チームの情報誌でした。

この当時から比べると、お腹周りに栄養蓄え過ぎてこのユニフォームに袖を通す事が出来なくなったわい。

この当時、逆三角形だったナイスバデーが今じゃ正三角形よ。はっはっは

下段左の色紙は
別当さんから頂きました。
『油断』とは油を断つこと。
常にあぶらを加え続けろと。
『加油』と書いて下さいました。

今じゃ『元青年』だけどね。。。

汚いままでスミマセン。

最近、重い物持ってないから
胴上げしただけで腕攣るかも・・・

今はもう無いんでしょうね〜・・・

ヘコんだ時コイツを見ると、勇気が沸いてきます。

2,3面もこの試合の記事でイッパイでした。

プロ野球やJリーグは4、5面から。。。

Topに戻る



平成に入り、デザインを一部変更。

こちらは、胸のマークと背番号が

ショッキングピンク!