レベル別・英作文の作り方 


 以下1~3をクリックし、直接レベル別項目に進めます

1「中学生レベルの文法を使った英作文」

2「大学生~社会人向けの英作文」

3「プロ(?)の翻訳(日本語→英語)」


自分の身近なことを英語で言えると、「英語が話せるようになった!」という気が、どんどんしてきます。
中学・高校の教育現場でも、現在、英会話重視の傾向にありますが、いきなり英語を話せと言われても、なかなかうまくいきません。

 そこで、まず、
自分の言いたいことを英語で書いてみましょう。
ただし、初めのうちは、日本語で考えた文を、そのまま、英語にすると、とんでもない文章になってしまうことが多いです。英作文を、「創造的な作業」と思わない方が良いです。
実は、ここが、英語と他の教科との大きな違いです。自動翻訳機を使うと、変な文章が出来上がってしまうのも、このためです。


 英作文は、自分で英文を考えて作るのではなく、テキストの「基本例文」を参考に、例文を多少修正するような形で作っていく方が、英語らしい文を作る近道です。中学生レベルの英文法は、このような過程で、とても役立つのです。

 一般的な日本の中学校や高校では、このあたりの練習が、非常に不足している気がし、残念です。

 参考:英文和訳の指導について (英文和訳・直訳→英作文)




上記のような方法で、英作文に慣れてきたら、今度は、

英語で考えて、英文を書くようにしましょう。

「英語で考える」というと、「そんなの無理」と思われる方もいるでしょう。ここで役立つのが以下の技術です。

長文読解(中学2年から3年レベル)・前から訳していく直訳
スラッシュリーディング


「直訳」を思い出してください。日本語としては多少変でも、

直訳の日本文から英文を起こすことが肝心です。
この作業に慣れてくると、だんだん英語で考え、英文を作れるようになります。つまり、英語を話す力もついてくるのです。

 英文和訳の際、「直訳」に慣れていない人は、この「英語らしい表現の文」を、作る作業が難しいです。「直訳」がいかに大切か、「意訳」にこだわっている人は、もう一度、考えてみてください。



以下、レベル別に例文を載せていきます。各項目をクリックすると、先に進めます。
慣れないうちは、これらの文を参考にし、ご自分の考えをまとめてみてください。
出来た文章を、何度も音読し、暗唱できるようにすると、「英語を話せるようになった!」感覚が、だんだん大きくなってくるはずです!
頑張ってください


 以下、「」マークのついたページ以外は、他ページから使えそうなものをまとめました。また、クリックできないところやマークがあるページは制作中ですので、ご容赦ください。
つづりの誤りや文法について、お気づきの点がありましたら、お知らせいただけると幸いです。




1「中学生レベルの文法を使った英作文」


 
中学生レベルと書いていますが、高校生、あるいは、簡単な英会話を話せるようになりたい大人の方でも、このレベルの文法知識で、十分伝わる英作文を作ることができます。

 日本語ではよく使うのに、英語ではあまり勉強したことがないので、「すぐには英語にしにくい言い回し」もあるかもしれません。初歩の英語は、「創作力」より「ものまね力」が大事です。ここで紹介した英作文の中から、自分で使ってみたい言い回しを抜き出して、まとめてみてください。それを何度も音読して、覚えてしまうのです。だんだん、英語を話す力が付いてくるはずです









2「大学生~社会人向け英作文」

*一般的な文は、中学生レベルの文法を使った方が良いので、そちらを参考にしてください。







3「プロ(?)の翻訳(日本語→英語)」




カテゴリー別 トップに戻る
4)-6  和文英訳…英語を    話せるようになるための英作文
レベル別 トップに戻る