「文型を覚えましょう」と言われて、どのように思われますか?
なんだか難しそうだし、すぐに役立ちそうもないし、「覚えなくていいや。」と、思われるかもしれません。

 しかし、
   「基本5文型が分かるようになると、
   英語の文法というのは、何て簡単なんだろう!
   と思えます。」


 なぜなら、

   「英語の文は、どんなにむずかしいものでも、
   ほぼ、この5文型に当てはめることができる
   からです。」

 この「文型」を、中学・高校ではいつ習うのでしょう。「習った覚えがない」とおっしゃる方もいるかもしれません。
現在、中学では3年生の1学期、高校では1年生の1学期に、履修することが多いようです。しかし、実際は、学校によっては、ほとんど教えていなかったり、生徒に「文型を覚えることの大切さ」が、うまく伝わっていない学校もあるようです。ここに、大きな問題を感じます。

 
はっきり言って、文型などわからなくても、英語は話せます。ただ、普段英語を使わない環境にいる多くの日本人にとっては、英語の理解にとても役に立つのが、この「5文型」なのです。

 以下、重要な点をまとめましたので、必ず読んでから、次のページに進んでください。




文型を覚えた方が良い理由:

  1. 長文を、日本語に直さず、前から速読していくのに役に立つ。
     →スラッシュリーディングをスムーズにできるようにする。


  2. 英文を読む際、辞書を、的確に引くために役に立つ。
     →むずかしい英文を、1人で読みこなす助けになる。

  3. 英文の構造が、しっかり分かるようになる。
     →自分で英文を組み立てられるようにな
    る。
     →英会話にも役に立つ。



     「基本5文型」とは…?

文型 文の構成
(英語・略語)
文の構成要素
(日本語訳)
 構成要素の
関係性
第1文型  SV  主語+動詞  
第2文型   SVC  主語+動詞+補語  S=C
第3文型  SVO  主語+動詞+目的語 S≠O
第4文型  SVOO  主語+動詞+目的語+目的語 O≠O
第5文型   SVOC  主語+動詞+目的語+補語 O=C


   文の構成要素とは…?


 略語  英語  発音  意味
 S  subject  ブジェクトゥ   主語 
 V  verb  ーブゥ   動詞
 O  object  ブジェクトゥ   目的語
 C  complement  むプリィメントゥ   補語



大事なことは、
  「前置詞の後と、副詞(副詞句含む)は
      文の構成要素に入れない。」

なぜなら、これらは、修飾語と考えられ、文型を考える時、重要ではないためです。


   前置詞=of, for, to, at, on, in, with, without など

   
副詞 =well(上手に)、slowly(ゆっくり)、usually(たいてい)

   
副詞句=next year(来年に)、in the future(将来)
      for example(例えば) など





「文型における動詞」の考え方:
  
今まで学習してきたV(動詞)と、頭を切り替えてイメージすると分かりやすいです。次のひとまとまりで「文型の動詞」と考えてください。

 *進行形の場合……文型のV=「be動詞+現在分詞(~ing形」

 *助動詞のある文…
文型のV=「助動詞+動詞」

 *熟語の場合(例:look for~を探す)…
文型のV=「動詞+前置詞」



また、動詞を辞書を引くと、「自/vi」とか「他/vt」と書いてあるのを見かけると思います。これはどういう意味なのか、文型との関連性で考えるとわかりやすいです。

   自動詞と他動詞の違いとは…?

動詞
の種類
目的語との関係  使われる文型
 英語略・英語・読み
自=自動詞 目的語Oをとらない動詞

→「~を」という意味がつかない動詞。
第1文型・第2文型
vi=intransitive verb (イントランズィティぶ ばーブ)
他=他動詞 目的語Oをとる動詞

→「~を」という意味がつく動詞。
第3文型・第4文型
・第5文型
vt=transitive verb (ランズィティぶ ばーブ)

 *tは他動詞のtではありませんが、そう覚えた方が覚えやすいかも?



それぞれの文型について、次からのページで詳しく説明します。


長文読解については、こちらへ



戻る
3)-7   基本5文型