トランペッター 1/72 J-11B キットレビュー


トランペッターから遂に1/72Su-27が発売されました。まずは中国で独自に開発されたJ-11Bからです。


胴体上面パーツ。フラッペロンが若干前後に(1ミリ)短いですが、他は良好です。
パネルラインは一部に間違いがあります。


脚収容庫が斜めになっていますが、ここはハセガワSu-33が正解。


インテイクパーツはスライド金型を用いて一体成型。実機よりも上下幅があり、先端が平行ではない間違いがあります。
下面の補助インテイクも形状が長方形ではなく平行四辺形だったり、ラインが多すぎです。
インテイク内のFOD防止スクリーンはプラで再現ですが、実機も細かい網のせいで奥がほとんど見えないため、これでも問題ないでしょう。


スタビレーターは僅かなパネルラインの違いを再現するために2枚づつ付いています。
レドームはJ-11B専用のライトニングレアスター付きも付属。


J-11B専用垂直尾翼。ラダーのラインが、他のパネルラインと同じ太さです。深く掘って強調したほうがいいでしょう。


WS-10Aエンジンのノズルは多面スライド金型を用いて完全再現


1/32とは異なり、キャノピー形状は良好。風防のゲートが内側に付いているので、切り離しには注意。
IRST基部はムクになっているので、削り取ってP-42やテストパイロッツを再現することができます。


中国製ミサイルのランナー。4枚入り


パイロンのランナーは2枚入り


注意書きはミサイルを含めて細かく再現されています。計器板、チャフフレア収容庫はデカールで再現


主翼付け根には実機にはない段差があります


インテイク側面デティールはスライド金型で再現


シートも左右をスライド金型で再現。裏面が再現されてないのが残念


機首先端側面はスライド金型でモールドを再現。機銃のガス抜きルーバーのモールドはスジ掘りのみ。


胴体下面パーツにインテイクを付けた状態
インテイクからエンジンの形状はハセガワSu-33のほうが正しいです。


脚収容庫は左右で形状が違います。

仮組み



上面はフラッペロンの前後幅が1ミリ短い点を除けば大きな問題はないです。
下面はインテイク形状が問題ですが、下から見なければ気になりません。
このキットは間違いなく1/72カナードなしフランカーのベストキットでしょう。
これから、Su-27、Su-27初期型、Su-27UB、Su-30等、大量のバリエーションが発売される予定です。

別売デティールアップパーツ


dream model製エッチングパーツ
キットでは省略されている編隊灯のデティールも再現されています。


インテイク内部FODスクリーンの網が抜けている等、物凄い精度です。


dream model 製 ノズル
かなり細かく、組立は難しそうです。
dream modelからはピトー管も販売されてます。


アイリス コクピット
Su-27用 J-11Bとしては、計器盤などが違います。

戻る