SU-32FN ストライクフランカー

イタレリ(タミヤ)SU-34の塗装換えです。組み立てなどについてはキットレビューを参考にしてください。

キットのスジ彫りはだるいので、ほとんど彫りなおしています。

表面処理後に塗料の食いつきを良くする為と、細かいキズ消しと透け防止のために黒を混ぜたサーフェイサー1200で下塗りしています。サフをエアブラシで吹けばスジ堀りが消えるなんてことはありません。

塗装は色々混ぜて作ったので忘れてしまいました。ちなみに、キット指定の塗装図はデタラメなので気をつけましょう。キットレビューのページに正しい塗装図を載せています。

この機体は非常に注意書きが少ないので、そのとおりに少なめに貼っています。(フラッペロンとラダーと主脚収容庫上部)垂直尾翼のスホーイマークはキットには付属していないのでハイデカールラインのセットから流用しました。主脚収容庫上面の立ち入り禁止のマーキングはキット二機分のデカールを使って前後に長くしています。