ピットロード 1/144 PAK-FA T-50 キットレビュー

箱絵は実機に全く似てなくてカッコ悪いです。どうしてこうなった?


機体上面パーツ。見ての通り、実機に比べると余計なモールドが多いです。パネルラインではないリベットのラインや、薄い補強板までスジ彫りで再現されています。

下面も同様です。

カナード(?)は別パーツ。

ズベズダとは異なりウエポンベイ内部も再現。R-77アッダーを6発搭載できます。

ウエポンベイ及び脚庫のドアは開閉2種類付き。

台座付き

キャノピーは実機より小さく感じます

機首下面が膨らんでいます。実機の胴体下面は平らになっているので、参考にした図面の間違いをそのまま再現したのでしょう。ちゃんとした模型メーカーならば、実機を基に模型化してほしいものです。

参考にしたのはおそらく、航空ファンに掲載されていた実機公開直後の荒いweb画像のみを参考に描かれた物です。

とはいえ、ズベズダよりは実機に似ているので胴体下面を平らにして余計なスジ彫りを埋めれば立派な作品となるでしょう。

↓ただし、修正困難なほどに余計なスジ彫りが多いです。


赤 余計なスジ彫り
青 本来のパネルライン
黄 凸モールド、フィン等追加

赤 余計なスジ彫り
青 本来のパネルライン

赤 余計なスジ彫り
青 本来のパネルライン
黄 アンテナ等追加

トップに戻る