最終更新日 
 
金物総合研究所代表・金物情報ニュース編集発行人 湯淺健夫
© 金物総合研究所 All Rights Reserved
 
被災されました皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い平常と復興を心よりお祈り申し上げます。

  
   
TOP
購読のご案内
研究所について
リンク
 
 
バックナンバー
バックナンバー
INDEX
 
Photo Gallery
 

 

「金物情報ニュース」 毎月10日発行の新聞です。
最新ニュースやタイムリーな情報を、金物小売店をはじめ、問屋、メーカー、団体、建築金物・建材、エクステリア、DIYの関係者の皆様に提供しています。

「パラグラフ」 視野を少し広げた話題です。是非お読み下さい。

Photo Gallery

  東京の風景 他 アップしました

 

金物情報ニュース

購読のご案内

購読のお申し込み

 

バックナンバー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<Headline>  5月号  通巻第169号

■ 平成29年度(第20期生) 12名が青山校で「入学式」

E&Gアカデミー

「入学式」で挨拶する古橋東京校・校長

■ エクステリアエキシビション2017 4月14日〜15日/東京ビッグサイトで開催

EXE実行委員会(8社)主催

■ “EXE2017”のブース内 「記者説明会」を開催

LIXIL

■ 戸建て向け宅配ボックス 「門柱ユニット」を新発売

ナスタ

■ 「2017年春の新作発表会」 4月20日〜22日/アトムCSタワーで開催

アトムリビンテック

■ 第36回「JAPANTEX2017」 今秋11月15日〜17日/東京ビッグサイトで開催

日本インテリアファブリックス協会

■ 「エクステリアコンテスト2017」 5月1日から8月21日まで募集

LIXIL

■ 4月1日より「一般社団法人」へ移行

日本エクステリア工業会

■ 「平成29年3月期」業績予想 当初の予想を上回る見通し

四国化成工業

■ 「エバーアートボード」使用 門柱スタイルズ6アイテム発売

タカショー

■ 非住宅空間向け 「独立オーニング」を発売

LIXIL

■ 奥行きと開放感を空間に 新工法を採用した「タイルデッキ」発売

LIXIL

■ リフォームネット/エクステリアマイスター 販売コンテスト「全国表彰式」開催

LIXIL“自然浴サミット”

■ 公共エクステリア商品 「ハイブリッドルーフ」新発売

LIXIL

■ 平成29年2月「エクステリア」製品別出荷統計

日本エクステリア工業会

 

金物店ニュース


パラグラフ

 

バックナンバー

 


4月1日、ヘルシンキ・世界フィギュアスケートは羽生結弦(22)、宇野昌磨(19)が金銀。羽生はフリーで自己世界最高得点を更新。各国専門家達は歴史に残る演技と賞賛。各国の放映は多国籍ファンチームが英語に訳しインターネットにアップされていく。解析映像は専門家も協力し確かな物となり、世界中のファンが瞬時に協力し合う時代となった▼3日、北朝鮮及び韓国大統領選政情不穏の為、駐韓大使帰任▼5日、3発日本海着弾。16日、29日と北朝鮮ミサイル発射▼7日、米空母打撃群朝鮮半島へ航行。17日、米軍空母配備完了▼9日、体操・内村航平(28)が全日本個人総合10連勝▼10日、フィギュアスケート浅田真央選手(26)引退発表。五輪の金メダルこそ届かなかったが、それが人生の糧になっていくのだろう▼10日、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイが国連平和大使に最年少19才で任命▼12日、益城町の小中学校給食が、14日の震災1年を前に再開▼全国に先駆け3月21日に東京の開花宣言があったが、その後は桜はゆっくりと開花していった。漸く6分咲きの4月2日、天皇皇后陛下、お忍びで皇居外周を5分ほどお花見散歩▼花の日の8日、京都頂法寺にて桜と生け花の競演を眺める。六角堂と呼ばれ587年聖徳太子建立とされ、4月10日まで1ヶ月間「如意輪観世音菩薩」が御開扉。池の傍らに僧坊があった為、住職は池坊を名乗り本尊に花を供えていたが、1462年専慶の挿し花が評判となり華道の始まりとされる。宿坊は現在は池坊会館。その後、秀吉「醍醐の花見」の千本の桜のある、874年開山の醍醐寺へ。樹齢180年の「太閤枝垂桜」は雨に白く静か佇む。夜は八坂神社奥の円山公園の一重白彼岸枝垂の「祇園の夜桜」も見事▼9日、嵐山天龍寺には赤紫の三葉躑躅が咲き誇る。トロッコ列車で桜トンネルを抜け保津川下り。両岸の西山連峰の北山・吉野杉の緑に、所々仄白いのは桜の花。山桜は神の春告花と思う▼10日、仁和寺の御室桜の蕾は堅く、妙心寺退蔵院の紅枝垂桜は満開に▼11日、大阪の天王寺公園の桜はぐったりと散り始め。13日、千百本の大阪城は九分、造幣局の桜は七分咲き。134種、350本が連なり、今年の花は薄黄緑の「鬱金うこん」。隣の淀川は染井吉野が満開を過ぎ溢れるほど川岸を飾っていた▼14日、京都御所の紫宸殿前の「左近の桜」も満開に。850年頃、仁明天皇が梅から桜に代えたと言う。定家が盗んだ八重桜はどの辺りか。今年の花見は古への心の旅となる。

今年の花「鬱金うこん」


 

 

 

金物総合研究所 金物情報ニュース