トップページ>食(フード)の資格・食の仕事情報>調理・料理のプロになる資格

調理・料理のプロになる資格

調理・料理のプロになる資格外食産業を中心につくる人、研究する人に対するニーズや期待が日に日に高まってきている。技術があれば独立も可能。

調理・料理のプロになる資格の詳細はこちらからご覧になれます。
気になる資格講座・スクールは資料を取り寄せることができるので、じっくり検討してみてください。

※各資格名ページに入ると資格の説明や関連する情報(受験資格や資格取得の方法、試験時期など)があり、また、各資格の通学講座・通信講座を探すことができます。

資格名 資格の特徴
カフェプランナー(R) 基礎知識から専門技術までを学び、カフェを総合的にプロデュース

おいしいコーヒーなどをいれ、お客様をセンスよくもてなすことをカフェビジネスととらえて、カフェのドリンク等に関する知識と技術、接客サービス、メニュー開発、店舗設計のノウハウなどを習得し、カフェを総合的にプロデュースするのが、カフェプランナーだ。
きき酒師 日本酒の味を客観的に分析評価し、表現することで、酒の魅力を伝える

きき酒師は、日本酒のもつ特性を物理的、官能的、心理的な方法で客観的に分析、評価し、表現する技術。日本の伝統文化である酒の魅力や、健康飲料としての効果を正しく伝えるだけでなく、楽しい飲食シーンを演出する役割も担っている。
ソムリエ ワインや料理の知識だけでなく、企画力や管理能力も併せもつ

ソムリエは、ワインを中心とした飲み物の仕入れや保管管理、料理とワインの組み合わせ、販売サービスなど、ワインに関する一切の業務を担当する。ホテル、レストランからの注目度が高いスペシャリスト。上位資格にシニアソムリエがある。
ティーインストラクター 紅茶をより楽しむために、基礎知識から品質管理までを学んで取得

ヘルシーな飲み物としてだけでなく、心のゆとりや楽しみも与えてくれると、広く日常的に愛飲されている紅茶。ティーインストラクターはよりおいしく紅茶を飲むため、紅茶に関する知識を深めて、正しい紅茶のいれ方を実践することを教え、指導する。
デザートクリエイター 消費者が求めるよりおいしいデザートを開発する資格

デザートは、洋菓子、和菓子、フルーツと、その種類は多岐にわたる。昨今は消費者のデザートに対する趣味や嗜好も多様化し、また海外のデザート情報や輸入も活発だ。こうした背景により、デザートに関する知識と技術へのニーズが高まって、2004年にデザートクリエイターの資格が誕生した。
パン製造技能士 国家資格を取得して「おいしい!」といわれるパンづくりをめざす

パン生地の材料の配合、仕込み、発酵から仕上げ、製品検査まで、パンの製造技能について検定する国家資格がパン製造技能士だ。検定には、学科試験と実技試験がある。
フードアナリスト(R) 「食べて・評価して・表現する」食や食空間を評価・分析する専門家

食・食文化を体系的に学び、単に味覚だけでなく、ワイン、テーブルマナー、インテリアや料理の歴史、レストランの経営、法律まで総合的に学び、レストランや飲食店を格付けする知識と教養を身につけた食・食空間を評価・分析する専門家。
フードコーディネーター 食に関する幅広い知識と経験で、フードビジネスをコーディネート

調理師、栄養士、メニュープランナー、テーブルプランナーなどのスペシャリストが活躍する食の世界。そこで幅広い知識と総合的な視点をもち、各分野との連携を図って情報交換を密にし、フードビジネスをトータルにコーディネートする。
ワインエキスパート 「ワインに強い料理の先生になる」など、資格を活かす道はたくさんある

協会認定のソムリエやワインアドバイザーは、いずれもプロとして活躍するための資格。「一般のワイン愛好家でも挑戦できる認定試験を実施してほしい」というアマチュアのワイン愛好家からの要望に応えてできたのが、このワインエキスパートの資格だ。
栄養士 食事の管理や栄養指導を通して“食”に貢献

栄養士になるには、厚生労働大臣が指定する栄養士養成施設で所定の課程を履修して卒業することが必要。その後、各都道府県に申請すれば無試験で資格を取得できる。実務経験を積んで国家試験に合格すれば、上位資格である管理栄養士の資格を取得できる。
栄養情報担当者(NR) 健康・栄養食品に関する正確な情報を消費者に提供する役割を担う

健康・栄養食品に関する正確な情報・知識を有し、「NR」の名称を用いて消費者に対して適切な情報を提供する役割を担っているのが、栄養情報担当者。独立行政法人国立健康・栄養研究所理事長が認定する。
管理栄養士 傷病者に対する療養や個人の健康保持のための栄養指導を行う

栄養士をステップアップさせた資格。「傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導」や「個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識および技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導」などを行う。
焼酎アドバイザー 広い知識と演出能力で、焼酎をおいしく楽しく飲む方法をアドバイス

焼酎を愛好する人たちに対して、焼酎をよりおいしく飲み、合う料理と共に味わいながら楽しい時間を過ごすためのアドバイスをするのが、焼酎アドバイザー。焼酎の歴史から最新の焼酎情報、テイスティング、演出方法まで、幅広い知識と技能を駆使して新しい焼酎ライフを提案する。
製菓衛生師 おいしく安全なお菓子を作る知識と技術をもつ証明となる国家資格

多くの食材を使うことによって菓子製造の過程はますます複雑になっている。製菓衛生師は、おいしくしかも安全なお菓子を作るための知識や技術を備えたと認められた者に与えられる国家資格だ。
調理師 取得者300万人以上のポピュラーな資格

調理師の名称を用いて調理の仕事ができる者として、都道府県知事の免許を受けた者。調理の仕事につくには必ずしも取得しなくてもよいが、免許取得が採用条件のところもある。
すしエンターティナー 寿司を通して人を楽しませる職人を養成

寿司職人としての技能に加え、客を楽しませる接客術や衛生学などの知識まで備えた「すしエンターティナー」を認定する資格。1〜5級があり、専門の基礎講座を修了すると5級取得となる。4級以上は実務経験が必要。
パン屋経営技能資格 6ヵ月の特訓でパン屋のオーナーをめざす

パン屋開業スクール「メープル&カンパニー」発行の資格。手ごねパン、天然酵母のパン、米粉パンなどの作り方と店舗経営を学び、ベーカリーレストランを運営。修了試験に合格すると取得となる。
雑貨カフェクリエイター 雑貨とカフェに精通し、人気ショップを生み出せるスペシャリストに

日本雑貨カフェクリエイター協会の認定資格。雑貨とカフェ両方の幅広く高度な知識・技術を有し、人気ショップの開業から維持・展開(売上アップ・多店舗展開・全国展開)に至るまでプロデュースできる人材を認定する。「人気ショップ」を作るノウハウを習得したスペシャリストとしてカフェショップや雑貨ショップのオーナー、フリーの雑貨カフェクリエイター、商品開発・企画部門、フードコーディネーター、デコレーター、ショップマネージャーなど幅広い活躍が望める。
レシピプランナー レシピ開発の視点と実践力を認定

人気店舗を生み出す、最も重要な要素の一つであるレシピ開発。コストや調理工程など、店舗経営も視野に入れたレシピ開発や、食文化、栄養学などの多角的な視点からレシピを考察する実践力を身につけた人を認定する。
フードコンサルタント 食の分野のコンサルティング力を認定

高度で専門的な「食」の知識を身につけ、店舗開業支援や運営支援のプロフェッショナルとして活躍できる人を認定する。いわば飲食店経営のMBAのような位置づけの資格。

気になる食の資格、取得してみたい食の資格はありましたか〜?いかがですか!?
気になる食の資格、取得してみたい食の資格はありましたか〜?

資格と仕事.net

転職や独立に具体的に役立つリアリティのあるサイト
転職や独立を考えている人にとって必要な『資格』や『仕事』の情報。特に気になる、「資格取得までの期間」や「目指す仕事に必要なスキル」「その先にある収入」などを詳しく紹介しているサイト。

資格と仕事.net

←Home←ひとつ前のページへ↑このページの上へ

食(フード)の通信講座
食(フード)の通学講座お菓子とパンの資格・通信(通学)講座
お料理やお菓子作り、パン作りの体験レッスン

食・食育の資格・通信講座。「食」に関する通信/通学講座。
お料理やお菓子、パン作りの体験レッスン♪

リンク-相互リンク募集中!

調理師の資格に興味のある方へ

調理師の資格に興味のある方へ調理師の資格に興味がある、調理師の資格取得を考えている、全国の調理師専門学校を探している…など、調理師資格に関する情報をお探しの方…
調理師の資格を取得するには?」もご覧になってみてください。
私の調理師専門学校体験談や調理師体験談をはじめ、調理師の資格を取得するための情報や、全国の調理師学校(スクール)情報もアップしています。

ブログで更新!

食・食育・フードに関する資格や通信講座情報〜 食・食育の資格取得と通信講座

スポンサードリンク