鷹取山 トレーニング報告

日程:2016年1月24日(日)

朝8:00に追浜駅に集合。住宅街を抜けて鷹取山へ向かう。アルパイン風の集団が先に行ったとのことで、いつもの学校フェースには向かわず、磨崖仏の裏の前浅間の初心者向けルートへ向かう。
NSさんとYSで独立分散にバックアップを施して2本のロープをセッティングする。以下の4つの基本を確認しながら登攀とクライムダウンを繰り返した。クライムダウンの際には、一度片足で座り込んでしまってから、次の足を出すと安定して下れる。

@「靴は壁に対して正対」
A「膝をスッと上げて三つ数えてからゆっくり静かに次の足場に足を下す」
B「手はT型または変形T型」
C「視線は足元を見る」
お昼過ぎにいつもの学校フェース方面へ移動。既に占有しているパーティがいて学校フェースは使えなかった。子不知の凹角(ディエードル、コーナー)に荷物を置いて親不知の階段状の岩場に移動して基本歩行訓練を行う。子供たちがうろうろしていて、いつもの岩場を思うように使えなかったが、全員2往復ずつ行う。 子不知の凹角(ディエードル、コーナー)に戻り、ステミングの練習。下りはクライムダウン。登りは一度下に重心を溜めてから上に行く反動で足を動かすと登りやすい。下りは、重心を、支える片足の方へ移動させ(このとき、腰と反対の足が支える足の方へ移動する)と良いとのアドバイスをいただく。

「今日は残業無し」との終了宣言も、抜き打ちテストのように親不知のアルパイン第3ルートの左を登攀することになる。先行パーティは、リード:YS、2nd:OZさん、3rd:MCさん。後続パーティは、NSさんとTHさんのつるべ。登頂後、展望台から景色を堪能し下山。追浜駅18時頃の電車に乗り横浜駅で解散。 新人から大ベテランまでのバラエティに富んだメンバー構成だったが、それぞれの立場で基本を確認する訓練ができたと思います。


(YS記)

2015年度山行報告へ