後方羊蹄山

日程:2012年6月10日


  

朝3時半起床、すでに外は明るい。天気は予報通り曇りだが、寒さは感じない。4時半頃、ニセコのホテルをレンタカーで出発、比羅夫(倶知安)コース登山口に5時過ぎに到着。相変らず厚い雲に覆われている。登山口には50台ほど止められる駐車場があり、幕営地にもなっているようだが、すでに結構な数の車が駐車している。準備を整え、5時15分に出発。羊蹄山は独立峰で裾野が広い。しばらくなだらかな樹林帯の山道を30分程歩く。勾配がほとんどなく退屈してきたころ、いきなり急登が始まる。夜露で地面が濡れている急斜面の滑りやすい赤土の道を木の根などを頼りに登り詰めると、6時に二合目到着。そこから眺望の開けない樹林帯の急斜面を、三合目、四合目と順番に通過していく。四合目から六合目までがなかなかたどり着かず、結構苦しい。一合間の距離が長い。ところどころ樹間から眺望は開けるのだが、ガスっていて何も見えないので、疲れがたまる。六合目に7時20分に到着、10分ほど小休止。ここまで約2時間、やっと半分まで来たか、という感じ。

ここからはさらに傾斜が増し、視界の開けない登山道をゆっくり歩いてゆく。八合目あたりまで来ると、登山道の両脇に残る雪渓が目立つようになる。天気が崩れ、霧雨状態になり、相変らずの樹林帯の中の急登で嫌気がさしてくる。8時40分ごろにやっと九合目に到着し視界が開けたが、ガスっていて何も見えない。避難小屋への道を分け、山頂を目指すが、この比羅夫コースは火口のお鉢を半周しないと山頂にたどり着けない。火口の稜線をたどるが、残雪がある広々とした登山道にガスがかかり、しばし進行方向を迷い時間を食う。雪渓をいくつか通過して、やっと山頂に9時50分到着。登りで4時間30分、結構時間がかかった。残念ながら、眺望は部分的にしか見ることはできないが、それでも眼下に京極の市街を見下ろすことができ、羊蹄山の火口にエメラルドグリーンの池を目にすることができた。

10時10分にお鉢を反対方向へ下山を開始、岩場を通過し真狩コース方面へ向かう。ガスが取れ視界が広がりだす。真狩コースから避難小屋へ道を分け下り始めるが、この辺はまだ豊富な残雪があり、雪渓をいくつか通過して避難小屋へ11時15分に到着。避難小屋から雪渓を2か所ほどトラバースして比羅夫コースへ八合目に合流(11:50)。そのまま登った時と同じルートを下る。

足に疲労がたまっているためか、急斜面の下りが結構こたえる。慎重に下りて六合目に12時15分、10分ほど休憩をしてそのまま登山口まで一気に下りる。14時に登山口に到着、下り3時間50分、合計8時間20分の長丁場だった。
下山後、昨夜泊まったニセコのホテルまで戻り、だれもいない露天風呂で1時間ほど温泉を満喫し、レンタカーで新千歳空港へ、19時30分のANAで羽田に21時過ぎ、自宅に22時30分ごろ到着、長い一日が終わった。

感想:羊蹄山は山容のきれいな山で、周囲から非常に目立つ山だが、標高差が1,700mほどあり、なかなか登りがいのある山である。途中の九合目までは樹林帯の急登をひたすら登り詰めるので、眺望が今一つで我慢の登山になる。しかしながら山頂稜線は雄大で、北海道の山に登っていることを実感する。今回眺望は今一つであったが、天気の良い時に来たらさぞかし素晴らしい眺望を楽しめたことと思う。さらに山頂稜線は高山植物の宝庫で、ちょうどシラネアオイやキバナシャクナゲが咲き乱れていた。またシマリスをたくさん目撃した。6月のこの時期はそれなりの残雪もあり、山頂付近の散策は楽しかった。次は別コースから挑戦してみたい。

T記 2012年度山行報告へ