西丹沢 モロクボ沢

日程:2010年7月4日(日)


7月4日(日)
 前日の夜の雨と不安定な大気の状態で実施を迷ったが、朝起きてみると、所々で青空が見える様子だったので、予定通りに出発する。8時過ぎに西丹沢自然教室前でIZ号と合流して13人の大パーティーとなった。白石峠に向かう車道を進み、犬越路への分岐を過ぎ、さらに奥に進むと白石沢キャンプ場がある。ここで沢装備を整え、入渓する。30分ほどでF1の大滝、高さがあり水量もあってなかなかの迫力だる。巻き道は手前のガレ沢の出合から斜面をトラバースする踏み跡を辿り、大滝のすぐ左の岩窪を辿る。岩窪の部分は傾斜があるので固定ロープを2本張った。13人だったのでそれなりに時間がかかってしまったが、後続のパーティーがなくてよかった。

 大滝の上は滑滝と釜が次々と現れ、気持ちの良いところだ。以前遡行したIZさんの話では、足がとどかないほどの深さの釜があったとのことだが、今回は深いところでも腰ぐらいで、だいぶ土砂で埋まってしまったようだ。それでも、水の中をじゃぶじゃぶ進んでいくのは楽しい。水晶沢の出合で一本。

 さらに1時間ほどで標高1,000M手前の二俣に到着。ここで、左沢に進路をとる。しばらく行くと沢の水が涸れ、沢は急な斜面に突き当たった。そこから右側の尾根に向かって斜面を登っていく。尾根の手前で若干の薮こぎとなったが、尾根上には踏み跡があった。急な尾根を笹や木の根をつかみながら登ると、畦ケ丸から西沢側に少し降りた小ピークで登山道と合流。ダイレクトに頂上を目指していたのだが、ひとつ手前の尾根に乗ってしまったようだ。装備をといて、登山道を西沢方面へ下山、沢に下りると、涼しい風が心地よい。15時30分に西丹沢自然教室に到着、到着と同時にパラパラ雨が降り出し、やがて本降りの雨となった。      (記録:GN)

8時10分 西丹沢自然教室−9時10分 入渓−11時20分 水晶沢出合−12時20分 二俣−
13時30分 登山道−15時30分 西丹沢自然教室

2010年度山行報告へ