《フリフリブルマー

1歳〜3歳用ベビーパンツのつくりかた

 

 

ホーム

メールマガジン

 

【脱!家庭科主義】的         ハンドメイドの法則

その1【ハショりましょう!ハショりましょう!】

その2【オシャレに!カワユク!】

その3【お安く!お得に!】

 

1)材料を準備します。

   本体: 横40cm×縦55cm
 
   フリル: 横55cm×縦13cm(これで2枚分です。)
    ※もっと長くすれば、よりゴージャスになります

   ゴム: 7mmくらいの幅のもの 40cm (ウエスト用)
       4mmくらいの幅のもの 25cm×2本(足用)
      
   
  の布を用意し、一度洗って縮めた後、
  アイロンをかけてゆがみをなおしておきます。

  綿ジャージ(カットソー)を使うと、フリルの形が華やかになりますが、
  薄手の生地であれば、種類は問いません。

2)型紙の準備をします。

  パソコンに「アドビリーダー(Adobe Reader)」
  というソフトが入っていない場合は、↓をクリックして、
 http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html
  インストールします。(無料です)

  型紙の画面を開きます。
  (↑クリックすると型紙がひらきます。)
    ※型紙、作り方等の無断転載、及び商用としての使用は
      禁止させていただきます。

  型紙を原寸(100%)で印刷し、
  2倍(200%)に拡大コピーしたのち、貼りあわせておきます。

3)型紙を布に写します。

  切り取った型紙を布の裏に置きます。
  このとき、型紙の矢印が布の縦方向と一致するように
  置いてください。
  型紙は布に待ち針で留めておきます。

  次に、型紙の形を布にチャコペンでなぞります。
 

  それができたら、
  下の図のとおりに縫代をチャコペンで描きます 。

  本体の「フリル位置」は、縫代の両側に印をつけて、
  型紙をはずした後、定規で布に直線を引いて写します。


  フリルは、同じ形のものを2枚とってください。

4)裁断します。

  縫代が描けたら、その線に沿って布を切り抜きます。

  本体は、前後のウエスト部分以外の布の端をジグザグミシンで
  処理しておいてください。

  フリルは 5mmの縫代をアイロンで折り、
  端ミシンをかけておいてください。

  このとき、素材が綿ジャージーだと、端がちぢれて、
  フリルが一層華やかになります。

  ミシンの「押え」の一ケ所を決めて、
  そこが常に布の端にあたっているようにすると、
   端ミシンが上手にかけられます。

  フリルの他の縫代は、ジグザグミシンで処理します。

5)フリルにギャザーを寄せます。

  端ミシンをかけた反対側の縫代を、ぐし縫いします。

  このとき、しつけ糸を2本取りにして
  図のように、できあがり線より1〜2mm外側を2〜3mm
  の針目で縫っていきます。

  その後、糸ギューっと引っ張って、
  下 図のようにフリルを縮めておきます。

6)本体にフリルをつけます。

  本体の「フリル位置」の線と同じ長さになるように、
  フリルのギャザーをのばして調節し、
  ギャザーが均等に寄るようにします。

  それを本体に中表に置き、「フリル位置」に沿って
  フリルのできあがり線上を待ち針で留めます。

  しつけをかけた後、できあがり線上をミシンで縫います。

  もう一本のフリルも同様にします。

7)脇を縫います。

  本体を中表に折り、できあがり線を合わせて待ち針で留め、
  脇を縫います。

  このとき、下図のようにフリルは下向きに折った状態で
  しつけをかけ、いっしょに縫い込んでしまいます。

  縫い終わったら、縫代を開いてアイロンで押さえておきます。

8)ゴムを入れる部分をつくります。

  ウエスト部分は―・―・―とできあがり線に沿って折り、
  (三つ折り)アイロン で押さえておきます。

  足の部分は、できあがり線に沿って折り、(二つ折り)
  アイロンで押さえておきます。

  ウエスト、足それぞれ、なるべく縫代の端を縫って、
  ゴムが通るようにします。

  このとき、ゴムを入れる穴をつくるため、どこか一ケ所、
  1.5cmくらいの 縫い残しをつくっておきます。

  ウエストはどこでもいいですが、
  足は脇の部分を開けておくのが、履きやすくていいでしょう。  

9)仕上げです。

  表側にひっくり返し、
  
ウエスト、足の部分にそれぞれゴムを通してできあがり!

  通したゴムは結んでつなげてもいいですが、
  糸でかがっておくと、ゴロゴロしないで履きやすいです。