横歩取りで初段を目指す編 +++激しい空中戦を制する+++

 横歩取りは、知識と経験の戦いです。
 とにかく知識が大切となるので、暗記するつもりで臨みましょう。


1:基礎知識編

  横歩取りには、相横歩・3三桂・3三角・4五角などの戦法があります。
  まずはそれらの基礎知識を学べる本を選びました。  


 羽生の頭脳〈9〉激戦!横歩取り

 →この本では、横歩取り2三歩型と相横歩取りの基礎知識が学べます。
  2三歩型は出会うことが少ないので、とりあえずは読まなくてもけっこうです。
  ただし、基礎知識として必要なので1回は目を通しておきましょう。

  ここで重要なのは、相横歩取りについてです。
  たまに出会うことになるので注意が必要となります。
  しっかり読んで基礎知識を頭に入れておきましょう。
  
  裏技として、相横歩を挑まれた時(7六飛の時)に7七歩7四飛から3六飛と、
  飛車交換を拒否すれば、先手やや不満ながら力戦に持ち込むことは可能です。


 羽生の頭脳10―最新の横歩取り戦法

 →この本では、4五角・3三桂・3三角戦法についての基礎知識が学べます。
  特に4五角戦法は頻出となりますので、完全に暗記する気持ちで読んでください。
  
  3三桂戦法は独特で、いつでも4五桂と跳ねだす決戦の順があります。
  持久戦模様になると、ひねり飛車模様に組んでくることが多い形です。
  あまり出会うこともありませんが、しっかり覚えておきましょう。

  3三角戦法は、現在大流行している8五飛戦法の基本となっている形です。
  よって、色々と応用が利くのでしっかり読んでください。  


 8五飛を指してみる本

 →8五飛車戦法の基礎を学ぶことができる本です。
  現在進行形で進化し続けているこの戦法は、はっきりいって難しいです。
  とりあえずこの本で、おおまかな知識を手にしましょう。

  この戦法には、色々な形があり、細かな差で大きく違ってきます。
  また、新しい形が今でも増え続けています。
  全てを知るのはアマには限界があるので、実戦で雰囲気をつかんでください。

  先手番の時、なにか一つでも対策があると便利なので、オススメなのが山崎流と言われる作戦です。
  この本の最後の方に少しだけ解説があるので、覚えておくといいでしょう。  



2:補足編

  横歩取りは、知識があればあるほど有利になる戦型です。
  ここでは、有力な戦法について深く書かれている棋書を紹介します。
  しっかり対策を持つもよし、特に自分の得意戦法にする為には必須です。


 横歩取り道場〈第3巻〉4五角戦法

 →横歩取りの中でも、最も知識が問われるのが4五角戦法です。
  この本を読んで、良いと思う仕掛けを選んでマスターすれば得意戦法となるでしょう。
  
  また、対4五角の対策としては第4章の4五角に7七角型がオススメです。
  本筋でないので、相手があまり知らない場合がありお得です。
  また、知っていたとしても互角になるだけなので、リスクは小さくて済みます。

  4五角は横歩取りの中で最大のポイントとなるので、しっかり自分の型を持ちましょう。


 横歩取り道場〈第6巻〉3三桂戦法

 →この本は、横歩取り3三桂戦法についての1冊です。
  あまり出会わない戦法ですが、むしろこの本を読んで得意戦法にするのが有力です。
  マイナーゆえのアドバンテージがあり、対戦相手も時間を消費することでしょう。

  しかしこの戦型は独特な雰囲気があり、定跡の中にもまだ新手が眠っている感じです。
  力戦形になることも多く、知識よりも力自慢の人にオススメです。


 横歩取り道場〈第2巻〉相横歩取り

 →相横歩取りを得意戦法にするのなら、必須の1冊となります。
  先手の対応策もいくつかあり、全てをマスターするのは大変かもしれません。
  が、極めれば必ずや得意戦法となるでしょう。
  
  この戦型も力戦になることが多いので、力自慢の人にオススメです。


 横歩取り道場〈第1巻〉8五飛阻止

 →この本は8五飛車戦法対策として有力な作戦、8七歩保留型について詳しく書かれています。
  前述した山崎流が、これに当たります。
  8五飛対策は他にも多くありますが、これが一番先手が主導権を握りやすい形です。

  これ1冊で、当面の8五飛車対策は大丈夫なはずです。
  しっかりマスターして使いこなしてください。



 以上で横歩取りについての基礎知識が手に入るはずです。
 ここでは、あえて8五飛戦法についての棋書は減らしました。
 紹介した棋書だけでは8五飛戦法を指しこなすのは難しいですが、
 指しこなそうと思ったら大量の棋書と、常に最新の知識を得る必要があるので割愛しました。

 先手番なら、基礎知識編と8五飛阻止を読んでいただければ十分だと思います。
 また、後手番なら8五飛以外の戦法の中から得意戦法を見つけていただけたらと思います。
 色々な手を指してみて、相手がハマりやすいなと思う手を選んでいくのが良いでしょう。


 初段を目指す勉強法
 初段を目指すデータ分析
 勉強法の基礎知識

 初級を脱する棒銀対策

 矢倉で初段を目指す
 横歩取りで初段を目指す(現在のページ)
 角換わりで初段を目指す

 四間飛車で初段を目指す
 四間飛車穴熊で初段を目指す
 対四間飛車で初段を目指す

 三間飛車で初段を目指す
 力戦振り飛車で初段を目指す
 相振り飛車で初段を目指す

 中盤力で初段を目指す
 終盤力で初段を目指す 

 初段を目指す将棋棋書選び(トップページ)

 Copyright (c) H-I All Rights Reserved.