対四間飛車で初段を目指す編 +++得意戦法を持って四間飛車に立ち向かう+++

 四間飛車における通常の攻防については、四間飛車で初段を目指す編をご覧ください。
 ここでは居飛車党向けに、流行していないけどプロでも通用する!そんな戦法を中心に取り上げます。



  居飛車党として、対四間飛車は避けては通れない道です。
  最低でも1つは、得意戦法を持っておく必要があります。
  それを得る為に適した棋書を紹介します。  


 最強居飛車穴熊マニュアル

 →まずはオーソドックスに居飛車穴熊から。
  プロ・アマ問わずに大流行していますが、その入門に適した1冊です。
  居飛車穴熊の基本的な駒組みから、対藤井システム、そして相穴熊まで、
  基礎から応用までしっかり身につく内容です。

  特に第1章の居飛車穴熊基本編はしっかり頭に入れてください。
  これ1冊で十分、初段レベルまで対応できます。
  が、さらに最新の形と知識を得るために、もう1冊ご紹介。


 四間飛車破り 【居飛車穴熊編】

 →というわけで、こちらも居飛車穴熊の棋書です。
  1章では、振り飛車側が無策に4枚穴熊を組ませるとどうなるか。
  2章では、序盤の基礎知識といった内容です。
  どちらもイビアナを指すのに最低限必要となる知識です。
  確実にマスターしてから先へ進んでください。

  また、随所にイビアナ特有の感覚が書かれていて、とても勉強になります。
  特に、穴熊の硬さを活かした攻め筋は重要なポイントとなります。
  こういう感覚を学べる棋書は少ないので、しっかり吸収しましょう。

  3章以降は、振り飛車側の銀の使い方別に解説されています。
  3章では▽4四銀型、4章は▽3二銀型、5章は▽5四銀型です。
  また、章の最後には練習問題が付いていて、内容の復習ができます。

  2冊共に読んでもらうと、相乗効果で理解しやすいんじゃないでしょうか。
  ただし、居飛車穴熊という戦法は勝率アップには良いと思いますが、
  棋力アップという点から見ると、あまり有効ではありません。
  それは速度計算をせずに、攻めだけを考えていい場合が多いからです。

  イビアナは一つの選択肢として、いつでも使えるようにしておくという感じで、
  穴熊一辺倒にはならないよう、初段を目指してください。


 三浦流右四間の極意―四間飛車をやっつけろ

 →お次は右四間飛車の1冊です。
  これ1冊で右四間飛車の全てがわかる!という充実した内容です。
  舟囲い・左美濃・銀冠・穴熊の4種類の囲いでの右四間の攻防を解説しています。

  急戦模様から持久戦まで、緩急自在に使いこなせば、右四間1本で初段を目指せるはずです。
  舟囲いから穴熊まで、多彩な囲いを使い分け、隙を見つけて鋭く攻めましょう。  


 鉄壁!トーチカ戦法

 →個人的に非常にオススメなのが、このトーチカ戦法です。
  ミレニアムとも言うこの囲いですが、4枚で囲い、飛角桂で攻めます。
  感覚は横歩取り8五飛に近く、囲いは硬いというより遠いという感じです。

  1章には旧式のトーチカを、2章では新型のトーチカを解説しています。
  あまり流行していない戦法のため、囲いの急所があまりバレていないのがメリットです。
  4枚に組んで先攻してしまえば、そのまま押し切ってしまうことも可能です。

  オススメは、知名度の低い旧式トーチカです。
  うまく使いこなして、高勝率を叩き出そう!



 以上の4本・3作戦で、少ないですが対四間飛車編の終了です。
 どれも非常に有力な作戦で、好きなのを1つ極めるだけで初段以上に通用するものばかりです。
 しっかり読んで実戦を積み、あなたの得意戦法としてください。


 初段を目指す勉強法
 初段を目指すデータ分析
 勉強法の基礎知識

 初級を脱する棒銀対策

 矢倉で初段を目指す
 横歩取りで初段を目指す
 角換わりで初段を目指す

 四間飛車で初段を目指す
 四間飛車穴熊で初段を目指す
 対四間飛車で初段を目指す(現在のページ)

 三間飛車で初段を目指す
 力戦振り飛車で初段を目指す
 相振り飛車で初段を目指す

 中盤力で初段を目指す
 終盤力で初段を目指す 

 初段を目指す将棋棋書選び(トップページ)

 Copyright (c) H-I All Rights Reserved.