KINKI1

KINKI11.jpg



 
植物の素晴らしいパワーを最大限受けとめていただくために

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の素晴らしいパワーを秘め、
私たちのこころやからだにいろいろなギフトを与えてくれます。
そのチカラを最大限受けとめていただくために守って頂きたい約束事があります


  ・原液を直接肌につけない(必ず希釈して使う)
  ・濃度を守る。(0.5%〜1%を目安に)
     
例)ドロッパーは1滴が0.05mlになるように調整されていますので、
        キャリアオイル5ml(小さじ1杯)に対して1滴の精油を入れると1%の濃度となります。

             ※ お子さまやお年寄りにはさらに低濃度でのご使用をお 勧めいたします。
                  乳幼児の使用については専門家の指導を受けるようにしてください。
  ・飲用しない。
  ・目や粘膜に使用しない。
  ・禁忌事項をチェックして該当する場合は使用を控える。
    
(妊婦の方・病気療養中・投薬を受けている方など)→「禁忌事項とは」をご参照下さい。


 【保管について】

  ・冷暗所で保管する。
(高温多湿の場所は避けて保存)
  ・引火性があるので火気から遠ざける
  ・保存期間を守る。
       (開封後、柑橘系のものやテルペン類を多く含む精油は半年、樹脂系は2年、
                          その他の精油は1年ぐらいが目安とされています。)

KINKI12.jpg







 アロマセラピ−を始める前に必ずご確認ください


精油(エッセンシャルオイル)は様々な薬理作用を持っています。
特に妊婦の方や病気療養中の方、投薬を受けている方は使用を控えた方がよい精油があります。
(使用の前には専門家の指示を受けることをお勧めいたします。)


下記の項目に該当する方は記載の精油の使用を控えてください。


  ◆ 妊娠初期の方
     
カモミールローマン ゼラニウム ローズ ラベンダー  など

  ◆ 妊娠中の方
     
クラリセージ  サイプレス  シダーウッド  ジャスミン  ジュニパー
     ゼラニウム  タイム  タラゴン  ナツメグ  バジル  バーチ  
     ヒソップ  ペパーミント マ−ジョラム  ローズマリー ミルラ(没薬)  など

  ◆高血圧の方
     
ローズマリー  タイム  など

  ◆低血圧の方
     
イランイラン  など

  ◆皮膚刺激のある精油(敏感肌の方) <高濃度で使用すると皮膚を刺激するおそれがあります。>
  
   レモングラス ユーカリ メリッサ ブラックペッパー など

  ◆てんかん
    
 ローズマリー  タイム  ヒソップ  フェンネル  など

  ◆飲酒の前後
     
クラリセージ  など

  ◆ホミオパシーの治療中の方
  
   ペパーミント ブラックペッパー カンファー ユーカリ  など

  ★ 光毒性について <日光や紫外線に反応して皮膚にトラブルがおこる成分を持つ精油があります。>
     
柑橘系の精油(オレンジスイート・マンダリン・柚子は除く)
     アンゼリカ、バーベナー
        ※ 上記の精油については使用後12時間は日光に当たらないようにし、
            日中の使用は避けた方がよいでしょう。
    


アロマセラピーは基本的な約束さえ守れば、
手軽に生活に取り入れられる自然療法のひとつです。
約束事を守って、香りある生活をお楽しみ下さい。

KINKI13.jpg