Forza MARINOS!Get MOJO!Bluesman's Football Web

ゴール裏からをこめて !

マリノス魂の日々・そして日本サッカー界を辛口に憂うページ
文字ばっかのマニア向けマリノスページ・男は黙ってテキストオンリーじゃ。
Last Update / 6.12
コパアメリカはいいなあ〜昔見た色使いのユニのまんまだ!
(俺は最近のFIFA推奨らしい一色統一ユニ好きじゃないんスよ)

あの素晴らしいしょうちゃん弁当をもう一度

みんなの思い出に残る試合にしよう!と営業が頑張ったのに試合後サポが速攻で忘れようとしてるのワロタwww……ってサポが悪いのか?いやサポは悪くないよーな気がするが?


いやーすんませんこんな感想つぶやき更新しかできません。なんだかなー昔は「カップ戦で勝つには攻撃の爆発が必要、リーグ戦で優勝するには守備の安定が必要」て感じだったんだけど今のサッカー・つか今のJリーグで優勝するには攻撃にバランス傾けないと駄目なんかねー特に2ステージ制なんて短期決戦2回やってるよーなもんだしなあー?とにかく12年間も優勝できないのに「伝統」なんて言っててもしょーがねえよなんかここらでほんと大改革しねえと駄目なんじゃねえか?結論なんかでませんよ以下前回更新です!

ナビスコグループリーグ首位突破!

樋口監督時代と比べると信じられないようなターンオーバーするわまさかの突然マルティノストップ下にしたりするわとこの監督ナビスコ重視してねえんじゃねえの?的な目で見ていたがなんといつのまにやらグループ首位で通過!正にな、なにを言ってるのかわからねえと思うが!まあ結構タイトロープではあったけどクラブメンバー一致団結の強さと結果だなおい!?


中村俊輔の良い時のパスって俺は擬音で言うと「サーーーッ」って感じなんだよなあ、短距離をパッ!じゃなく長い距離をサーーーッと糸を引くように綺麗に伸びる感じ。左サイドにいたに出したやつがその感覚ひさびさにあったわーコンディション的にはきついのかもしんないけど感覚は錆びてねえなあまだまだやれるなこりゃ?
遠藤渓太は残念ながら目に見えた結果(ゴール)は出せず。なんとかなー自分を気に入って使ってくれる人が監督やってるうちに結果積み重ねてレギュラー固めちまわねえと後々つらいとは思うんだけど、もともと遠藤ってごっつぁん点取り屋タイプじゃないよねいやなにかっつーとおいしそうなスキマが空いてる場所にスルスルっと入り込んでポンて感じじゃない、自らがズバッと裁ち鋏のように切り込んでいって危険地帯を作り出すタイプだから今の若い遠藤のレベルでは最後のフィニッシュにもうちょっとが足りなくても仕方が・いやいや、やっぱもうプロなんだから最後に自分がゴールを決めるとこまで明確にイメージしたとこまて含んだプレーの落ち着きを!ハードル上げてるけどそれだけ他の者押しのけて試合出てるんだから!
でその遠藤のパスそれ決めてやってよー!?と言いたくなる伊藤翔だけど狭い角度からGKのニア(左手側)ブチ抜こうとしたのあれ凄かったなーあれ決めてたら異能の天才ストライカーと呼びたいくらいだったよしかし残念ながらノーゴールで(苦笑)いやいや期待してっから次頼むわ!
さて話変わりますが。最近すっかりアンジュルムヲタになっている俺としては5月30日の武道館田村芽実卒業コンサートを観たんだけどいや〜ガラにもなく感動したわ。俺も人生これからどんくらい生きられるかわかんないけど感動するってやっぱ大事だな。サッカーも同じだよ「いやアイドルや音楽とサッカーは違うだろサッカーはサッカーだ」と言われるかもだけど金もらって何かを見せる以上エンターテインメント業なんだよ、感動や興奮をあたえられなきゃダメなんだ。今日観に来た人が次もまた来るとは限らない一期一会の90分間でこれがサッカー人生最期になっても悔いの残らないプレーを見せてほしいんだよいや見せなきゃ駄目なんだそうでなけりゃサポーターはいったい何を選手たちに見い出せばいいのか!?それを川崎戦で見せてくれ!!!

怒りこめた、Bluesman渾身の珠玉発言集(ウソ・ただのボヤキ漫談じゃ)
サッカー狂が吠える!Shoutin' loud for Football!  

 近いうちにここいっぺん整理します、もう最近長文書かなくなっちゃったからな〜。

俊輔スペインへ:きっといつかまた横浜で ('09 7.14)

FWとゴールについての妄想バカ論:必然のゴール('08 7.28)

水沼新監督へ:とゆーより、社長へ、('06 8.29) 

2006 2/28 4つめの星の年に4−0で勝利!('06 2.28)

2005 10/16ジェフ戦・ジキルとハイドのマリノス ('05 10.18)

いつも思い出すこの言葉 ('05 8.26)


悪徳少年通信  煩悩妄想の日々

土曜日の実験室!イベンダーホリフィールドの臭い!黒島結菜は可愛いと思うけどみんな(とゆーか作る側)『時かけ』好きだなあー!?ええー?あとちょっと離れて『櫻の園』な!どもーBluesmanです!あーもうなんかハラたってきたわ!時かけそんなやるくらいならそろそろとり・みき『クレープを二度食えば』実写化せいや!

映画『さらば青春の光』なんと37年後を描く続編決定らしーのですがオレ今ググるまで主人公は死んだもんだと思ってた。「誰かペンを持っている者はいないか?」てセリフが格好良くて友人の前で何回か使ったけど誰も理解してくれなかった(笑)

『誰も僕を裁けない』(早坂吝)読了。おお正に「社会派エロミス」!それにしても登場人物自ら「この館○りそう」なんてネタバレしていいのか(笑)社会派であり法律系であると同時に俺の好きな「人間模様複雑物」なのが気に入った。次回作は色仕掛けしまくるやつをお願いします!

【書店にて】今月のブルース&ソウルレコード誌の特集はアリサ・フランクリン!おー!となってふと下を見たらジャズボーカリストコレクションとかいうCD付ムック本が出てて今号はエラ・フィッツジェラルド!おおー!となった。こういう出会いはやはり本屋ならではである。ちなみにカイケかカイキかカイーキか・て話ありましたが最近「アレサよりアリサのほうが正しい」アリサ・フランクリン表記にする動きがあるようです。


                  

“Got My 猛情(MOJO) Working!”
No.10 of Blues

Bluesman

Supporter of
YOKOHAMA F・MARINOS
mail はこちらから


(注意)このページには戦術論も技術論もありません、あるのは精神論感情論だけです!

ちなみにこのページ、異様に真っ白に見えるかもしれませんがこれはマリノスのトリコロールカラーをイメージしたものなんでこれはこれでイイのです。

そんでこのHPの基本コンセプト「俺が楽しければそれでイイ」です。確率で表現すると、100人見に来てくださったとして97人が 「はァ?わけわかんねえ」と思っても残り3人が大ウケしてくれればそれでオッケー!です。

当HPのタイトルに入っている「ゴール裏」ですが、これは私にとっての「夢の場所」という意味であります。まばらなお客のガラガラのスタンドで試合を見ていたあのころ、家に帰ってテレビの「ダイヤモンドサッカー」で映る海外のゴール裏の光景は、ああいつか日本にもこういう場所が、こういう光景が来ないものかなあ・と叶わぬ(と思った)想いをはせた「夢の彼方の場所」だったのです。その場所から愛を(いやクサイな(笑))こめて!という意味でタイトルをつけました。今のマリノスのゴール裏も、サポーター達が互いの意見や考え方を尊重しつつ、マリノスの勝利のために心をひとつにすることができる「夢の場所」であることを願っています。(マジ)