Forza MARINOS!Get MOJO!Bluesman's Football Web

ゴール裏からをこめて!

マリノス魂の日々・そして日本サッカー界を辛口に憂うページ
文字ばっかのマニア向けマリノスページ・男は黙ってテキストオンリーじゃ。
Last Update / 11.28

スンマセン一言つぶやき更新と後は下方雑談です!


昇格プレーオフに想う

山瀬功治がいるなら京都に上がってきてほしい気もしたが結構複雑。ファミリーとか大切な選手・って事で言うなら俺は出来ることならいつか山瀬功治をそれこそ引退前の半年でもいいからマリノスに回収してトリコロールで引退させてほしいんだよなあ。下部組織からずっとマリノス一筋でやってきて頑張ってトップに上がってレギュラーを張る選手になる・てのももちろん素晴らしいんだけど、地方に生まれてマリノスファンでサッカー続けて遂に憧れのマリノスに入ってトリコロールのユニフォームのしかも伝統の10番を付ける・てそんなストーリー今でも涙出てきちまうよ?


マリノスをとりもどす・て話、まあ心情的にはわからないこともないんだけどしかし実際のとこ、どこへ?とも思う。日産自動車100%出資なんてもう出来ないし日産にその気がないしクラブ経営としても一社に頼るなんて危険で出来ない(そもそも規約上も出来ない?)。運営をとりもどすって言っても日産FCOB体制でクラブ運営が行き詰まってしまったからCFGのノウハウを導入したんであって戻るんでは意味がない。結局これからのマリノスもう戻る場所の無い家なき子の如く歯を食いしばって頑張っていかなきゃあいけないんじゃなかろーか。最後のマッチ擦ったら天使が迎えにきて僕眠いんだパトラッシュ(おい話こんがらがってるぞ(笑))みたいに昇天してこの世から消えちまうわけにはいかんでしょーなんとかやっていかないと!俺は消滅したクラブの思い出を抱えてこれからさき一生サッカーを見ずに死んでいくなんてヤダね!Jリーグになってから一度も下部に落ちずしかも日本リーグ時代からユニフォームカラーもホームタウンも変えることなくJに移行した栄光ある偉大なクラブだよこんな所で負けてなるものか!!!

みなさんそんな設定とっくに忘れてるでしょうが
私は元々松橋力蔵ヲタです(笑)(←2回目)

松橋力蔵トップチームヘッドコーチ就任キタァアアアアアアーーーーーー!!!!!!ってこっちも2回目だよ2008年桑原隆体制の時にヘッドコーチやってんだよな、しかし今回はS級取得して満を持しての(意味深略)まあ来年は板挟み中間管理職状態で大変かもしれないがさあ力蔵いますぐフランス語会話教室通え!そしていま移籍考えてる選手はとにかく残れ!みんなあんましハッキリ口に出せないだろーから俺が言う!一年我慢してくれ!(俺が言ってどーなるんだ&そもそも何言ってんだ?w)


しかしまーちょっと心配なのは日本側の意向よりCFGの意見でモン氏続投決定という話で資本比率のわりには強い力だなー再来年の監督もこりゃわかんねーな?まあプロの経営を学ぶために家庭教師雇ったらえらい厳しいの来ちゃったと思うしかねえか?
「唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である」byダーウィン:まあ今なんだかいろいろゴタついてるわけですけど俺個人の考えに一番近いのは上記のこの言葉です。永遠に続くものなど何も無い。その場にとどまるためには全力で走り続けなければならない。(赤の女王仮説。)ファミリー感とか功労者とか伝統とかいろいろ大事にすべきものもあると思うけれど、たとえばもしも木村和司水沼貴史がずっと現役バリバリでマリノスでプレーし続ける世界があったとして、もしそうなら「入団してもポジションが無い」から中村俊輔齋藤学も入ってこないとゆーこともありうるわけで。とにかく俺が重視するのは12年間リーグ優勝してない今季10位のクラブだという事。このままでいいわけあんめえよ。何度もしつこいようだけどこの前の優勝をプライマリーの子供たちは全く知らないしジュニアユースはほぼ記憶なくてユースの選手でうろ覚え。こんなんじゃ伝えるべき伝統もクソもねえし強豪でも名門でもなんでもない。改革せざるをえない。このままでいいわけあんめえよ?
まあ俺も内部情報なんか全く知りませんし人それぞれ考え方の違いはあって当然だと思いますし俺もこの先いろいろ心配だけどやっぱり応援はしていくしとにかく松橋力蔵が監(おいまだ早いやめろ!w)

怒りこめた、Bluesman渾身の珠玉発言集(ウソ・ただのボヤキ漫談じゃ)
サッカー狂が吠える!Shoutin' loud for Football!  

 近いうちにここいっぺん整理します、もう最近長文書かなくなっちゃったからな〜。

俊輔スペインへ:きっといつかまた横浜で ('09 7.14)

FWとゴールについての妄想バカ論:必然のゴール('08 7.28)

水沼新監督へ:とゆーより、社長へ、('06 8.29) 

2006 2/28 4つめの星の年に4−0で勝利!('06 2.28)

2005 10/16ジェフ戦・ジキルとハイドのマリノス ('05 10.18)

いつも思い出すこの言葉 ('05 8.26)


悪徳少年通信  煩悩妄想の日々

早く寝たい・と毎日思っているのに夜の俺が嬉々として裏切る。昨夜もなんで2時頃から響け!ユーフォニアム1期1話から観返しちゃうんだろう。どもーBluesmanです!

響け!ユーフォニアム2ここまで観て再度1期から観直すと部長惚れてまうやろー!感が凄い。そして嫁にするならの第1位はやっぱ中世古香織だったのかもしれない鎧塚みぞれちゃんは2位だったのかもしれない。でも俺髪長いのが好きなんで髪伸ばす前提で香織先輩つきあってください(なに言ってんだwつか原作だと髪長い?)

そして1期をよく観てみるとサックスの岡本来夢とファゴットの喜多村来南は意外とよく画面に映ってるんだよなあ、制作サイドでもやっぱこの二人は綺麗どころって感じなんだろうか?

ネタバレしないよう律するあまり、某映画に関するツイートが皆「とにかく観てください!」ばかりになるの、某宗教の『講義』を受けた人がその後何聞いても目をキラッキラさせて「とにかく講義を受けてください!」しか言わなくなったの思い出す。いや批判してるわけじゃなくて、もう少し観たくなるように誘うようなチョイネタくれませんかねえ?と思うと小説の「帯」の文章とか考えるの本当に難しいんだろうなあと思う。


                  

“Got My 猛情(MOJO) Working!”
No.10 of Blues

Bluesman

Supporter of
YOKOHAMA F・MARINOS
mail はこちらから


(注意)このページには戦術論も技術論もありません、あるのは精神論感情論だけです!

ちなみにこのページ、異様に真っ白に見えるかもしれませんがこれはマリノスのトリコロールカラーをイメージしたものなんでこれはこれでイイのです。

そんでこのHPの基本コンセプト「俺が楽しければそれでイイ」です。確率で表現すると、100人見に来てくださったとして97人が 「はァ?わけわかんねえ」と思っても残り3人が大ウケしてくれればそれでオッケー!です。

当HPのタイトルに入っている「ゴール裏」ですが、これは私にとっての「夢の場所」という意味であります。まばらなお客のガラガラのスタンドで試合を見ていたあのころ、家に帰ってテレビの「ダイヤモンドサッカー」で映る海外のゴール裏の光景は、ああいつか日本にもこういう場所が、こういう光景が来ないものかなあ・と叶わぬ(と思った)想いをはせた「夢の彼方の場所」だったのです。その場所から愛を(いやクサイな(笑))こめて!という意味でタイトルをつけました。今のマリノスのゴール裏も、サポーター達が互いの意見や考え方を尊重しつつ、マリノスの勝利のために心をひとつにすることができる「夢の場所」であることを願っています。(マジ)